Dell(デル)パソコンのカスタマイズ方法、グラフィックコントローラについて詳しく解説します。
ホームカスタマイズ > グラフィックコントローラについて

グラフィックコントローラについて

パソコンに装着してモニタにデータを表示するための拡張カードのことを、グラフィックコントローラと呼びます。
ビデオカード、グラフィックスカードなどとも呼ばれます。

グラフィックコントローラには、「ビデオカード」と「オンボード」の2種類があります。

「ビデオカード(グラフィックカード)」は、ビデオボート、グラフィックボード、グラフィックスボード、グラフィックカード、グラフィックスカードなどとも呼ばれます。

現在のOS、Windows VistaにおいてはOS操作段階でかなり視覚的効果が多いので、ビデオカードは必須アイテムです。
また、高画質な映像およびゲームをストレスなく楽しんだり、大画面モニタを接続する場合には高性能「ビデオカード」を搭載したほうがいいでしょう。

グラフィックコントローラのもうひとつはオンボード機能です。
「オンボードグラフィック」「内蔵グラフィックス」または「オンボードビデオ」とも呼ばれます。
これは、コンピュータのマザーボード上に搭載されているチップセットに内蔵された機能でグラフィック処理をします。
安価ですが、Windows Vistaの「Windows Aero」を使うには処理能力が不足しています。

画質にこだわりがなく、用途がインターネットぐらいで、見られればいいというのなら、「オンボード」のコントローラで十分ですが、できれば避けたいものです。

グラフィックコントローラの選択について

グラフィックコントローラの選択は、どのようなデータをどれぐらいの画質で表示させたいかにより決まります。

主にテキストデータを取り扱う場合や、インターネットとメールが目的で画質にはこだわらないし、安価なモデルでいいなら、オンボードのコントローラで十分でしょう。

ゲームや映像を高画質で表示したい、動画の編集や大画面ディスプレイでDVDやテレビも楽しみたい場合には、ハイパフォーマンスのビデオコントローラが必要となります。
また、マルチモニタ機能を使用して効率的な作業を行いたい場合には、出力端子を2つ備えたカードを選択する必要があります。

選択において「NVIDIA」か「ATI」が書かれているのが、ビデオカード(グラフィックコントローラ)のことです。
NVIDIAまたはATIというのは、ビデオカードに搭載されているビデオチップの製造メーカーの名前です。

ビデオカードにはビデオメモリ搭載がされています。その、メモリの容量が大きいほど高性能になります。
Windows Vista(Home Premium以上)では、ビデオカードに搭載されるビデオメモリが128MBあれば安定するようですが、 複数のアプリケーションソフトを同時に立ち上げ、ウインドウをたくさん開いたり、グラフィック処理に負担がかかる使用環境を要求するなら256MBを選択しましょう。



デル株式会社
デル株式会社

デル モニタ

デル プリンタ

デル 個人事業主 SOHO向けサイトへ


デル株式会社