Dell(デル)パソコンのカスタマイズ方法、CPU(中央処理装置)について詳しく解説します。
ホームカスタマイズ > CPU(中央処理装置)について

CPU(中央処理装置)について

CPUは中央演算処理装置のことで、コンピュータ各装置の制御やデータの計算・加工を行なう、パソコンの頭脳です。
このCPUが中心となりパソコン全体を制御しています。

現在、主なパソコンメーカーで使用されているCPUには、インテル製とAMD製があります。
デル(DELL)では、これまでインテル製CPUだけを搭載していましたが、今は、AMDプロセッサ搭載機種もラインアップされています。

CPU―選択のポイント

デルのパソコンには、デスクトップ・ノートブックともに、インテル製CPUとAMD製CPUを搭載したモデルがラインアップされています。

CPUは、パソコンの性能を決定する重要なパーツです。しかも、後で交換することが難しいので、購入する時点で用途にあった最適なCPUを選択しましょう。

デル(DELL)パソコンで選択可能なCPU

ノートブックデスクトップ
インテル製Core i7
Core 2 Quad
Core 2 Extreme
Core 2 Duo
Celeron
Atom
Core i5/ i7
Core 2 Quad
Core 2 Duo
AMD製Athlon X2 Athlon X2
Phenom X3
Phenom X4

インテルCPU

「Atom」
世界最小のトランジスターを集積したインテル最小のプロセッサーです。
インターネット専用のシンプルで手ごろな価格帯のネットブック、およびネットトップ向けに特化しています。

「Celeronプロセッサ」
コストパフォーマンスを重視する方におすすめです。

「Core 2 Duo」
ウィルススキャンをしながら複数のプログラムを実行したり、ビデオ編集を行うなど、高性能とさらに省電力を実現したデュアルコアプロセッサです。

最新OSを安定して使うためには、デュアルコア以上をおすすめします。

「Core 2 Extreme」「Core 2 Quad」
ゲームや、高画質動画の編集、膨大な計算を実行する複数のアプリケーションの実行など、厳しい作業を必要とされるマルチタスク環境を実現します。

「Core i7」
Intel Core 2シリーズの後継にあたる、クアッドコアCPUです。
アプリケーションのマルチタスク処理が高速化され、驚異的なデジタルメディアの作成が可能になります。


AMDのCPU

「Athlon ×2」
デュアルコア搭載のCPU。複数のアプリケーションを同時に実行しながら、より多くの作業を行えます。
コストパフォーマンスに優れたデュアルコア性能を提供します。

「Phenom X3」
AMDのトリプルコアCPU。
Phenom X4からコアをひとつ省いたトリプルコアCPUです。

「Phenom X4」
AMDのクアッドコアCPU。
1つのCPUに4つのCPU(コア)を搭載したCPU。4つのコアが作業を分担してデータを処理するので、複数同時作業を並行するときに威力を発揮します。

おすすめ

CPU はパソコンの性能を左右する重要なパーツです。また、後で交換することが困難なので、購入段階で自分の用途にあったCPUを選択することが大変重要となります。

インターネットやメールが主な使用目的なら、コストパフォーマンスを重視した「Celeron」プロッセサー。ネットブックを選択すれば「Atom」。
画像や動画の編集、またはゲームなど、負荷の多いタスクを実行する場合には「Core 2 Duo」、「Athlon ×2」以上のCPUを選択するとよいでしょう。

ただし、「高性能CPU=高速なマシン」ではありません。
高性能CPUに大容量メモリが備わって、処理速度が向上します。
したがって、CPUを選択するときには、他のパーツとのバランスも重要となります。



デル株式会社

デル モニタ

デル プリンタ

デル 個人事業主 SOHO向けサイトへ


デル株式会社